山田あるとの巡グルメblog

関西のパン屋さんや美味しいグルメなど、私が気になるアレコレを食べ歩いて紹介するブログです。

MENU

【梅田】1人ご飯にも最適!グランフロント南館B1Fにできた「新 食エリア」

こんばんは。新しいものに目がない山田あるとです(・8・)

 

3/14にグランフロント大阪の南館B1Fが生まれ変わったとのウワサを聞きつけて

出かけてきました。今回は、その様子をご紹介します!

 

 

グランフロント大阪について

f:id:alto_y:20190423005554j:plain

すっかりウメキタの顔になりましたよね。

2013年4月26日に開業したグランフロント大阪は、今年の春で6年目を迎えます。

「もうそんなに経つのか」と思う人も居るんじゃないでしょうか。

オープン当時は、館内どこも大混雑だったことを今も鮮明に覚えています。

…と同時に、暫くして客足が減ったのも覚えてるんですが。

いくつか理由はあると思うけど、お隣のルクアに比べると単価が高めなので

お金にシビアな大阪人には合わなかったのが大きな要因かも。

 

どうなるどうなると思ってたら、知らぬ間に何度か進化を繰り返してて

その結果、以前に比べると、今は魅力的なお店が増えたなと思います。

特に、今回の南館B1Fのリニューアルオープンは大いに需要ありですよ。

美味しいものが嫌いなんて奇特な人は少ないはずだし。

 

南館B1Fへの行き方(館内から)

グランフロント大阪には南館・北館があるんですが、リニューアルしたのは南館です。

ルクア側から行けば迷うことなく行けます。

 

エスカレーターが、少しややこしい構造ですが、

このように大きく案内表示があるので、特に問題はなさそうです。

f:id:alto_y:20190423005556j:plain

エスカレーターで降りてみます。

f:id:alto_y:20190423005558j:plain

頭上部にも案内表示が。

別ルート①(B1F)

先ほどは大阪駅連絡デッキ(2F)からを想定した案内でしたが、

B1Fから行く方法もあります。こちらはアップダウンが少ないので、

個人的にオススメなルートです。

①ルクア1100とルクアの間のエスカレーターを降りる

②グランフロント側へ直進

③ウメキタ広場(ファミマ~春水堂周辺)の先が南館B1F

 

別ルート②(スカイビル側)

このルートからの出入りは、なかなかないかもしれませんが

グランフロントからスカイビルに行く最初の横断歩道手前にある階段です。

ここからも南館B1Fに行くことができます。

f:id:alto_y:20190423005600j:plain

 

 UMEKITA CELLAR(南館B1F)には何がある?

f:id:alto_y:20190423005602j:plain

赤く囲った部分が今回リニューアルオープンした店舗です。

郵便局やATMなどは以前もありましたね。

 

それらを除くと「食エリア」になったことが一目瞭然。(黄色部分は飲食)

ジャンルでいうと、軽食が多いのでサクッと食べたい時に利用するのがオススメ。

ただし、どこの店舗も席数が少なめなので大人数での来店は注意です。

 

話題独占中のお店はどこ? 

 

インスタで話題独占中のお店は、この2店舗。

とにかく映える!特にBananは関西初出店だし半年限定なので、

南館B1Fに足を運ぶきっかけになっていそう。

Banan(バナン)

・砂糖と乳製品不使用で罪悪感のないバナナソフトクリーム。

トッピングの増減で自分好みにアレンジが可能。

半年限定の営業(予定)なので、気になる方はお早めに!

堀内果実園

・100年以上の歴史がある果実園が営む、奈良のフルーツパーラー。

厳選されたフルーツを使ったサンドやスムージーなど全品テイクアウト可能

 

 ルクアB1Fと比較してみた

ルクア、阪急三番街に続くように、グランフロントの地下も

食エリアへと進化を遂げたのですが、じゃあ何が違うのか。

グランフロントのお隣、ルクアB1Fと比較してみます。

①コンパクトで非常に回りやすい

ルクアB2Fに行ったことがある人なら「店舗数が少ない」と感じるだろうけど、

1人で行くなら、それは逆に利点だなと思うんです。

色んなシーンが考えられるけど、例えばお昼休みに寄りたい場合

「お決まり」が1つあれば、それで済んじゃうから。だから、数は要らないわけです。

②居酒屋・バルがない

驚くことに1軒もないんですよ。お酒を楽しむって感じのお店が。

グランフロントの場合、完全に上階のレストランフロアにお任せって感じですね。

その代わり、カフェが多いので

「小腹を満たしたい」「ひと休みしたい」時にもってこい。

③「ここぞ」の時の手土産も対応可

バッと寄ってサクッと買いたいなら南館B1Fに入ってすぐのところに、

「治一郎」(バウムクーヘン)があるので覚えておくと便利そう。

ルクアの地下に潜って、あるか分からない「きちんとしたもの」を

探すよりは非常に効率的です。(そもそも時間がある人は百貨店に行くと思うし。)

ただし一択にはなるので、あくまで「ここぞ」の時に。

 

感想&まとめ

オープンからまだ2週間とあって、どのお店もお客さんを呼び込もうと

創意工夫を凝らす様子が見られました。活気のある場所はいいですよね。

また、出来たてのスポットは、「どうなんだろう?」と様子見る人が多いと思うので、

今回の記事が誰かにとって参考になれば幸いです。

行く人やシーンに合わせた使い分けができて便利なので、

ぜひ、皆さんも一度は出かけてみてください。

 

【住所】大阪市北区大深町4-20(南館)

【営業時間】10:00~22:00

【定休日】元旦

【駐車場】有